重松先生の授業分析の思想

授業分析は、現代ではあまり注目されていない研究手法だとは思う。けれど俺としては、実際の授業研究の手法としてまだまだ可能性がある手法だと感じている。特に、重松先生のそれは自分にとっては、普段の授業をみるときのベースになっている。

まとまったかたちで、いつか重松先生の授業分析の思想を紹介したいのだが、まずはこのまえがきの文章を紹介したい。

「わたくしの最も嫌いなことは、現場の教師が軽視されることである。社会の人からはもちろん、教師の仲間からでも、教師その人からでも、教師を侮蔑した言葉を聞くと、心の中で煮えくりかえるものを感ずる。
「先生と言われるほどの馬鹿でなし」という表現の裏にある、教師侮蔑の実態と戦おうと思ってからもう三十年あまり経っている。それだけにまた逆に、どういう点で、教師が軽視されるか、なぜ尊敬と軽蔑、力と無力とが交錯してくるか、ということについて、思い患ってきた。
わたくしにとって授業分析は、その戦いの一局面である。授業を、日々新たな営みとして、教師自身をみがき、その若さを永遠に保たせるものにするのに、この本が役立つことを望んでいる。
記録の中にあらわれてくる先生方や子どもさんたちは、実在の人である。わたくしの非力の故にその姿をとらえようとして誤っていることが多くありはしないかと、恐れている。非礼の点について御寛恕を乞うと共に、生き生きとした動きによって、わたくしの眼を開いてくれた子どもさんたちに、感謝する」(重松鷹泰『授業分析の方法』まえがき)

このまえがきを読むと、姿勢を正される思いがすると同時に、先生が軽視される状況は60年近く経ってもあまり変化していないかもしれないと感じてしまう。例えば最近、「学校のなかにしかいなかった先生より、学校外から転職した先生の方が、発想が豊かですよね」云々の話を、特に教育外の方からよく聴く機会があった。

確かに傾向としてあるかもしれない。でもそれは、ある仕事場のなかにある、他の社会にはないルールのなかで考えることがクセになるということであって、どの社会人も同じ傾向なのじゃないかしらと思う。外部の視点が内部の視点より良い視界も持ちうるということでしかない。

事実、新卒から教師をやっているひとで、ものすごい発想で学校にアートをゲリラ的に仕掛けちゃう先生もいるし、学校に自分でカリキュラムを作り上げちゃう先生もいるし、

企業連携どころか、地域の根深い差別を無くしてしまう働きかけを、子どもたちが生み出していく授業を創り出した先生すら、日本にはいたのだ。

先生の専門性は、教え方がうまい、新しい発想ができるといったことではない。先生が目ざしているところはそんなレベルではないのである。

こういう、教師の意義ある実践の歴史が知られていない背景には、教育実践史がまだまだ人口に膾炙していないことによるのかな、とおもう。

美術に美術史があり、地域に地域史があるように、教育実践には教育実践史があるのである。比喩的にいえば、その歴史にはダヴィンチのような先生もいれば、キング牧師のような先生もいるのである。

そしてその先生たちの面目躍如たる歴史の場面は、やはり授業なのである。その授業のもつ力を見えるようにし、教師自身がそれを活かせるようにしようと考えるこの視点こそ、授業分析の思想の本質に他ならないと、俺は考えている。

ちょいと横道にズレてしまったけど、言いたいことは共通しているはず。

先生、戦いましょう。

教育は再現可能か?

この問い、かなりぶっこんでるなあと自分でも思う。しかし、いろんなところで想定されているこの再現性の神話と科学とを区別して論じないと、おかしなことになるなとひしひし感じている。

結論から言えば、教育は方法と効果の因果関係を想定するなら、再現可能に見える。

laboratory-1009190_1920

↑厳密には、「A+B=C」のような、構造式を想定するならば。
AにBを投入すれば、Cになる、というわけだ。

事実、応用行動主義的な実践は再現性が高いと思われる。何を強化子にするか、そしてそれを強化する目的が教育的に妥当かなどの問いから外れていなければ、この類の実践は有益だ。例えばいわゆる「褒めちぎる」「プラスな言葉を使い続ける」教え方は、そうした強化の論理を徹底する実践だと解釈できる。そうした教え方によって、どの先生でも一定程度、児童生徒をある行動から別の行動へと強化することはできるようにはなるかもしれない。

だから、再現可能性を高めようと努めることは、教育にも可能だということはできる。

けれど、そもそもの教育という営みを考えるに、<いかに><いつ><どこで>実践するかという点を抜きにしては語れない。その<いかに>は、<自信満々だったその子が初めてこの単元で悩み始めた時にいかに振る舞うか>、<教室をウロウロとしてしまうその子に厳しく叱りつけてしまった翌日、我慢していながらも少しずつウロウロし始めたその子にいかに振る舞うか>といった、とっても個別的具体的かつ一回きりの状況と不可分な<いかに>なのである。

その意味で、その状況と不可分な一回きりの実践は、決して再現可能ではない。再現性を求めている人にとっては、おそらくそうした主観的でプライベートにすぎる実践はもともとお呼びでないかもしれない。しかし、現場にいる中で一番関心が高いのは、こちらの再現不可能な、一回きりの今日の実践をいかに戦略的に構想し、即興的に実践していくか、なのである。

こんなことを考えたのは、最近EdTech関連で再現性についての主張(再現性が高くなければ投資することはできない)を見聞したのと、アイズナーの教育的鑑識眼についての論文の翻訳をコツコツと始めたことによるところが大きい。後者の一文を、以下に引用しておこう。アイズナーが教育的鑑定と教育的批評を提案する論文の序である。

私がこれから提案することは、科学的なパラダイムでなく、芸術的なパラダイムから始まっている。私は教育の改善というものが、大陸の至るところにある教室に対して、あるいは特殊な個性的特徴を持つ個人に対して、普遍的に応用できるような科学的な方法を発見しようとする試みの結果からのみ生じているわけではなく、むしろ教師やそのほかの人々を、自分のできることを見つめ、考える能力を成長させるための教育へと参加させることによって生じているという想定から出発している。学校で生じている教育実践は、何が起きるかを予測し、ましてそこで起きることを制御することなど決してできない偶然に満ちているのであり、非日常的で複雑に絡まった事態として生じているのである。
(Elliot W. Eisner (1977) “ON THE USES OF EDUCATIONAL CONNOISSEURSHIP AND CRITICISM FOR EVALUATING CLASSROOM LIFE” Teachers College Record, 1977, 78(3): 345-358.)

学校の教育実践を「非日常的で複雑に絡まった事態」と看破しているところが、さすがアイズナーという感じである。学校生活に親しんでいる人や、学校生活を舞台にしたものに親しんでいる人は、学校の環境を「当たり前」で「日常的」だと思っているかもしれないが、

例えば部屋が同じサイズでかっちり区切られており、ひとりにひとつの机と椅子が割り当てられ、決まった時間に決まった内容を決まった程度こなすよう義務が与えられ、その成果を定期的に測量される場所に3年間毎日行ってきてほしいと言われたと考えてみてほしい。

そう、社会の暮らしにとって、学校は生育環境としても労働環境としてもとっても特殊な場なのである。更に言えば、教えている内容も実はかなり非日常的である。

どう見ても太陽が地球の周りを回っているように見える「日々の暮らし」の中で、地球こそが太陽の周りを回っているのだと伝え、原子など実際に見たことのないにも関わらず、ものは原子からできていると“普通に”伝えるのだから。

そうした非日常な教室の世界で、日々の日常的な暮らしのような安心感を抱かせつつ、いかに非日常的に飛躍した世界を学習者に垣間見させ、浸らせ、血肉とさせるか。教師の仕事のすごさの一片でもわかってもらえたら幸甚である。

他の先生の「ふだんの教室」へ、現役の先生が行くことの意味

ここで書いた記事は、facebookやTwitter上にも挙げているのだが、そこで信頼している先生や教育関係者の方にコメントをいただけたのが嬉しかった〜。こういう記事を書くとき、一人ひとりの先生の、具体的な授業の在りようを思い浮かべながら書いているから。

さて表題の件。コメントのなかに、(他の学校の)先生の授業を参観しに行きたいけれどなかなか制度的に難しくて(泣)といった趣旨のコメントがあったのだが、これには個人的に激しく肯いた。

「よそ行き」の授業や研修を見ても、台本通りに進むバラエティ番組を見るのと同じで、どこか白けるし、学びは少ない。今まさに自分の現場を持つ教師同士で、相手の教室(授業)の中に自分の身体を置くからこそ得られる学びの深さが、絶対にあるのだ。

※例えば、あすこまさんのKAIさんの教室訪問記は、特にその例証となる良記事。ぜひご一読を。

この「深み」はかなり感覚的な部分なので、端的に言おうとすると少々ポエム的な表現になってしまうのだけれど、自分とは違う身体によって実践されている授業を見ると、身体がむずむずと動き出し、オートマティックに授業の流れを予測し出すのである。

つまり、他の先生による授業を目の当たりにしていると、“自分だったらこうするだろうな”と自分の身体がオートマティックに授業の流れを予測し、動き出そうとするのだが、その予測とはズレる他者の身体の動かし方をみて、自分の教え方(教える身体のモード)について、リフレクション(省察)がゆっくりと、カラカラと動き出すのである。

「あっ、そこで問いかけないんだ。自分なら話しかけちゃうなあ」

「ああ、時間と時間の間がすごい緩やかだ…。自分だったらもうちょい、きちっとさせちゃうかも」

「…でも、なんで自分は“もうちょい”きちっとさせないと気持ち悪いんだろう?」

感覚的にいうと、自分とは違う価値観を持つ他者の身体の動かし方を見ると、自分は“そっちに行けないな”、“そっちには体を動かせないな”という、「見えない壁に直面している感覚」が訪れるはずなのだ。そしてその訪れは、自分が無自覚に培ってきた、「授業を見る身体」に気づく学びのチャンスだし、自分の「授業を創る身体」に気づくチャンスでもあるのだ。

その機会こそは、自分(の身体)が培ってきた授業の「当たり前」や「思い込み」に、他者の身体を通して気づくことのできる機会であり、その気づきを通じて、自分が授業を見たり創ったりするときに着目しがちなこと/見逃してしまいがちなことを、メタに振り返ることができる(=自分の授業を見る/創る身体に気づく)得難い機会なのだ。

ちょっと学問的な方向に話を降ると、「身体」とは、ある状況の中で常に、実践的な目標をそのつどめがけて動いて行く存在なのである(メルロー=ポンティ)。

その意味で「身体」は、はじめは未体験の状況だったとしても、繰り返し同じ状況下で適切な目標を選び出すことに慣れてくると、オートマティックに目標を選出し実現して行くことのできる「賢さ」を持っている。

例えば、サッカーのルールもプレイの仕方もわからなかった子どもが、他の子の身体の動かし方を見て、繰り返しゲームという特殊な状況の中を生きることによって、サッカーのプレイの仕方をなかば“自動的に”習得することができていくように。

 

child-613199_1280

↑身体は面白い。目線、身体の軸、重心、様々な“自動的な”計算の上に、実践は成立する。

そんな賢さもある一方、オートマティックに動けるようになった自分の身体の「クセ」は、ふだんあまりにも当たり前に、目標を「目標」とも思わずに動いて行くから--PCの文章を書いている時や読んでいる時、いちいち自分の身体がどう動いているか、目は何を目標にしてどう動いているか、手は何を目標にしてどう動いているかなんて、考えないでしょう--なかなか自覚できない。

授業は他ならぬ自分の何十年生きてきたオリジナルな身体を用いる営みだからこそ、この身体の培ってきた「賢さ」を利用しない手はない(というより、自分の身体をリソースにして実践して行く他はない)。しかしながら、自分の身体を利用するには、自分の身体がどんな状況でどんな目標を選び出すクセを持っているか、自覚する必要があるのである。

そして、身体の自覚のためのとっておきの機会こそ、「日々授業を作り続けている状態の身体を持つ教師」が、「同じく日々授業を作り続けている状態の身体を持つ、他の教師の授業」と出会い、互いの身体の培ってきたクセの違いを自覚できる場、つまり「普段の授業の参観」なのである。

常々思っていたことを書き始めて見ると、意外にこれは大変な議論になりそうだ。このことについて語り始めると多分論文3本ぐらい必要になるな。。

 

 

 

授業を見る前に、いい学校へ行こう

日本各地の面白く建設的な研究会を実践している学校を指導教授と見に行った体験が、今になると得難い財産だったなあと感じる。(当時はしぶしぶだったのだが笑)

常々言われていたことだが、授業を見る眼を養うためには、まずは何よりも「“いい学校”と言われる学校を見にいく」ことが大事だと思う。その他にも色々あるけれど、まずは。

いい学校を見に行く体験が、なぜ必要か?

自分なりの言葉で一言で言えば、「学校教育の可能性が実現されている現場を直に体験することで、自分の被教育経験から飛躍して、自分の学校観・教育観を拡げる」ために必要なのだ。

全入時代になったゆえか、教育学や教師を志す人の多くが自分の「被教育経験」に基づいて、「学校ってこんなところだよね」「学校ってこうあるべきですよね」「学校ってこんなもんでしょ」といった、自分なりの「学校観」を培っていることが多い(いわゆる「社会化」だ)。

Classroom2学校の教室と言えば↑、のように。

教育界隈で仕事をするとき、仕事のしやすさは結構、この学校観がしなやかであるかどうかってすごく大事だと思っている。

日本にも世界にも本当にいろんな独自のカリキュラムを構想している学校があるし、ひとつひとつの学校の中には(現れ方やステージは異なれど)いろんな「挑戦者たち」がいるのだが、

以下のような「ステレオタイプな学校観」を押し付けがちな人は、そのステレオタイプな学校観が自分の過去の被教育経験に由来していることにしばしば無自覚なのである。

持論「ステレオタイプな学校観」
(新旧の軸でしか学校を見ていない、授業形態が一つしかないと思っている、など)
・“今”の学校って“全部一斉授業”だからダメなんだよねー。個性を育てられない。
・これからの時代、もう学校なんて“旧い”よ、もっと変わっていかなきゃ!
・海外の“新しい”教育を学校もどんどん取り入れればいいのに…。

言うたら、自分の恋愛経験から「恋愛って結局こんなもんよね」と、自分の体験を一般化して恋愛の可能性を見限って語っている、いわゆる“痛い人”になっていることに自分で気づけていないのである。(自分もそうならないように気をつけよう…!)

戦前から続く伝統校や、知る人ぞ知る地域のユニークな学校に行くと、「学校」ってこんなにユニークで興味深いカリキュラムが、こんなにも子どもにも社会にも開かれた形で実践可能なのか…!と目から鱗がボロボロと出るし、

そんな学校で挑戦を続けている「挑戦者たち」--児童生徒たちもこれまでに体験したことのない授業を創ろうとしているし、言わずもがな教師も深みのある授業を創ろうとしている--による「いい授業」、授業の可能性そのものに挑戦している授業を見ると、身震いがする。

「すごい、こんな授業ができるんだ!」「なるほど、ここでこの学びが起きるのか…!」そんな現場が目の前に繰り広げられるのであるから、それが公開/校内研究会であれ普段の授業であれ(なるべくなら普段の授業の方が本当に味わい深いのでオススメしたいが)、

そこで起きている現象を細かく観察し解釈し分析し、本時の授業の本質的・中核的な事態を直観して行くことで、自分の授業観・教育観・学習(者)観が変容して行くし、なにより、自分の被教育経験から飛躍して、「学校とはどのような場であるか」という自分自身の学校観が鍛え上げられて行くのが実感できるのだ。

しかもそういう“いい学校”の研究授業や授業の検討会は、学習者の目線で学びのプロセスやその地図をマッピングしつつ、授業の中での学習者相互の関係性の深まりや関係性の深まりに基づく学びの深まりなどを把握して行くことに全力を傾けて行くのが当たり前である。

そこで暗黙に共有されている態度をあえて言葉にするなら、以下のようになるだろう。

授業者がひとつの授業の中で起きている現象の全てを知ることは、そもそも不可能だ。でもだからこそ、観察者たちが授業内で起きていた現象を可能なかぎり持ち寄って、授業者や観察者たちが協働的に学習者の目線と教育者の目線、そして社会の視座から授業内の現象を意味付け価値づけることで、明日の授業への戦略・戦術構想へと繋げて行くのだ。

過去に有名附属校の公開研究会に行ったとき、意外に発表者の授業観・教育観を批判して、自分の授業観の宣伝をするのに終始する不毛な研究会が多くて驚いたが、本来的には上記の態度で臨むのが良いんじゃないかなあと個人的には思っている。

授業をよく見る目を、身体を培いたいと思う人は、まずはいい学校のいい授業、つまり素敵な先生と素敵な子どもたちの姿を見に行ってみることをオススメしたい。

きっと、自分の学校観がガラガラと崩れて、憧れて信望して、あんなのあそこでしかできないと諦めると言う一連の体験を経て、その末に「いや、エッセンスだけなら自分のところでもできるんじゃないか」と模索するところから、自分オリジナルの授業観・学校観が見えてくるはずだ。

きっと授業を見る身体が、変わってくる。

と言うことで、授業をよく見たい人は、ぜひ“いい学校”に行きましょう。