先生の“愛らしさ”

学校を巡り始めて以来面白い先生たちと出会い、先日もその機会を得たのだが、そんな先生たちと話をしていて改めて思った。

先生って“愛らしい”!笑

そんな感情を抱いているとは思っていなかったので、「なんじゃそりゃあ」と自分自身ちょっとびっくりしたのだけれど、やっぱりどう考えても愛らしいのである。無論、愛らしいと言っても、見た目の可愛さとかの話ではない。

なんでそんな感情を抱いているんだろうかと、ちょっと振り返ってみた。

まず、至極バラエティに富んでいるキャラクターひとつひとつが“愛らしい”。

先生はなぜか、付き合ってみるとみんなキャラが「濃い」。その濃さは、外部から見ると並々ならぬほどのものがある。

対して、いわゆる社会人の人と出会うと、職種ごとに結構似通った気質や言葉を使うようになっていて、異業種で出会っても世間話で出るのは主に出世や景気、業種内のあるある話、外部とのコネクション、ネットワークの話に終始することが多いように思う。

けれど、先生たちは教科担任にせよ学級担任にせよ主任にせよ、結構自分の「こだわり」があって、そこについて極めて行こうとする職人気質なところがある(と自分が出会って来た先生を振り返って思う)。だからか、話していると「その道の職人さん」と話している気になる。つまり、一人一人のこだわりの世界観を見せてくれる人たちなのである。

さらに先生は、先生というあり方を選び、先生であることに悩み、先生であることとは何かを考え、先生でい続けるために何が必要かを探り続ける。ドラマティックかつリアルな発達プロセスが、一人一人の中にある。

そのリアルなドラマが、普段の会話の仕草の中、振る舞いの中に垣間見えるのが、「先生」という人たちの愛らしいところだなあと思う。

次に、社会の「ふつう」にいい意味でとらわれていない感覚が“愛らしい”。

社会の政治・経済の営みの中に「学校」が存在しているのは「当たり前」だし、その営みが学校にどのように影響を与えているかがしばしば不透明になりやすいために、教育の様々な格差問題が発生していることも確かだ。

けれど、それでもその社会の中で、社会とは少々異なる独自の論理で生きようとしている生態系だからこそできる、いろんなことがあると思う。

例えば、政治の原理原則を自分なりに問い返す視点を「ふつうに」広言できたり、学び合えたり、より納得できる原理原則はないかと考え合い、そのアイデアの不備を指摘しあえる場所を創り出すなんて、社会の中じゃなかなか「普通」にできないことだ。

政治の季節真っ只中の昨今、そうした社会への問い返しが「普通」にできないという「異常さ」のツケがいろんなところで回り回って出て来ていると思うけれど、学校に生きる学び手たちは、社会のリアルを目の当たりにしながら、その「異常さ」に気づいていける。

その異常さを異常だと、認められる場所。そんな場所を創り出そうと、懸命に学校で生きる先生たちは、社会の当たり前にとらわれない発想ができる人たちだと思う(もちろん、学校もまた「一つの社会」であり、そのメリット・デメリットもあるのだが、本記事の趣旨とずれるためここでは割愛する)。

学校は、穏健的な社会改造のための装置でもある。そのことに自覚的な先生は、愛らしいだけでなく”格好いい”とも思う。でもその格好よさは、いわゆる「リーダー」のような、先頭切って群衆の前に立つような格好よさではないのだ。

主人公は学習者であることを知っていて、その主人公が歩む険しい山脈をともに歩み支援していく、シェルパのような人を想像してほしい。

嵐の時に指針を渡し、吹雪の中でキャンプをともにし、その中で苦いコーヒーをともに飲む。そしてシェルパは、主人公が登頂する道のりをともに歩みながらサポートし、主人公が登頂できたにしろできなかったにしろ、その感情に共感するのである。

その格好よさって、とっても愛らしくないだろうか?

lake-2145071_1920

重松先生の授業分析の思想

授業分析は、現代ではあまり注目されていない研究手法だとは思う。けれど俺としては、実際の授業研究の手法としてまだまだ可能性がある手法だと感じている。特に、重松先生のそれは自分にとっては、普段の授業をみるときのベースになっている。

まとまったかたちで、いつか重松先生の授業分析の思想を紹介したいのだが、まずはこのまえがきの文章を紹介したい。

「わたくしの最も嫌いなことは、現場の教師が軽視されることである。社会の人からはもちろん、教師の仲間からでも、教師その人からでも、教師を侮蔑した言葉を聞くと、心の中で煮えくりかえるものを感ずる。
「先生と言われるほどの馬鹿でなし」という表現の裏にある、教師侮蔑の実態と戦おうと思ってからもう三十年あまり経っている。それだけにまた逆に、どういう点で、教師が軽視されるか、なぜ尊敬と軽蔑、力と無力とが交錯してくるか、ということについて、思い患ってきた。
わたくしにとって授業分析は、その戦いの一局面である。授業を、日々新たな営みとして、教師自身をみがき、その若さを永遠に保たせるものにするのに、この本が役立つことを望んでいる。
記録の中にあらわれてくる先生方や子どもさんたちは、実在の人である。わたくしの非力の故にその姿をとらえようとして誤っていることが多くありはしないかと、恐れている。非礼の点について御寛恕を乞うと共に、生き生きとした動きによって、わたくしの眼を開いてくれた子どもさんたちに、感謝する」(重松鷹泰『授業分析の方法』まえがき)

このまえがきを読むと、姿勢を正される思いがすると同時に、先生が軽視される状況は60年近く経ってもあまり変化していないかもしれないと感じてしまう。例えば最近、「学校のなかにしかいなかった先生より、学校外から転職した先生の方が、発想が豊かですよね」云々の話を、特に教育外の方からよく聴く機会があった。

確かに傾向としてあるかもしれない。でもそれは、ある仕事場のなかにある、他の社会にはないルールのなかで考えることがクセになるということであって、どの社会人も同じ傾向なのじゃないかしらと思う。外部の視点が内部の視点より良い視界も持ちうるということでしかない。

事実、新卒から教師をやっているひとで、ものすごい発想で学校にアートをゲリラ的に仕掛けちゃう先生もいるし、学校に自分でカリキュラムを作り上げちゃう先生もいるし、

企業連携どころか、地域の根深い差別を無くしてしまう働きかけを、子どもたちが生み出していく授業を創り出した先生すら、日本にはいたのだ。

先生の専門性は、教え方がうまい、新しい発想ができるといったことではない。先生が目ざしているところはそんなレベルではないのである。

こういう、教師の意義ある実践の歴史が知られていない背景には、教育実践史がまだまだ人口に膾炙していないことによるのかな、とおもう。

美術に美術史があり、地域に地域史があるように、教育実践には教育実践史があるのである。比喩的にいえば、その歴史にはダヴィンチのような先生もいれば、キング牧師のような先生もいるのである。

そしてその先生たちの面目躍如たる歴史の場面は、やはり授業なのである。その授業のもつ力を見えるようにし、教師自身がそれを活かせるようにしようと考えるこの視点こそ、授業分析の思想の本質に他ならないと、俺は考えている。

ちょいと横道にズレてしまったけど、言いたいことは共通しているはず。

先生、戦いましょう。